姫路で結婚指輪(マリッジリング)を探すならここのショップは外せない!口コミで人気のショップを徹底比較し、おすすめ形式で紹介しています。

人気の高い結婚指輪のデザインの一つ!ミル打ちとはどのような技法?

公開日:2021/10/15  最終更新日:2021/09/10


結婚指輪や婚約指輪でアンティーク調のデザインとして人気の高いのがミル打ちです。2人にとって指輪を選ぶのはとても大切な行事なので、デザインはもちろん、縁起の良い加工技術の一つと言われています。今回は、ミル打ちとはどういった技法なのか、主な加工方法と選ぶポイントを紹介します。

ミル打ちとはどのような技法?

「ミル打ち」とは、エッジ・指輪のライン部分に小さな粒を打ち付ける技法です。「ミル」とはラテン語で「ミルグレイン」といわれており、別名「千の粒」とも呼ばれます。ヨーロッパでは古くから伝わってきた技法で、アンティーク調のジュエリーやアクセサリーを中心に数多く見られる加工の一つです。

縁起が良いとの意味合いがあり、その意味から結婚指輪などに多く使われています。硬い金属に対して小さな粒を打ち付けるには、一つ一つの粒の大きさや一定の幅などを作り出すのはとても難しい技で、少しのずれや粒同士の誤差が出てしまうと美しさに大きく変わってきてしまいます。

最近では、男性にもおすすめのデザインです。「女性用とは違ってあまりダイヤモンドを留められない」だけど「シンプルすぎると少し物足りない」という男性にミル打ちが良いでしょう。たとえばつや消しなど他の加工を組み合わせることによって、おしゃれなアンティーク調に仕上がります。2つの指輪にミル打ちの技法を使い、素敵でお揃い感が一層増す仕上がりになると言えるでしょう。

ミル打ちの主な加工方法

ミル打ちの加工方法には、主に3つの方法があります。それぞれ加工方法が異なるため、仕上がりや見た目のイメージの違いが出てきます。

職人が一粒ずつ手で打ち込んでいく

ミルタガネという鉛筆に似た道具を使って、職人の手で小さな粒を一つずつ打ち込んでいきます。1㎜にも満たない幅に、手打ちで均等に打ち付けるのは熟練の技が必要になります。熟練の技と技術で、一粒ずつが輝きを持ち、味わいのある仕上がりになります。そのため、着けたときの手元もどことなく優しく、柔らかな印象となります。手作りのぬくもりを感じたい人におすすめの手法です。

職人が工具を使用し押し付けて打ち込んでいく

ローレットと呼ばれている専用道具をリングに押し付けて転がし、ミル打ちを仕上げる方法です。先の方がローラーになっていて、回る部分にはミルの模様がその道具には彫られています。直線部分やレール形状などに適しており、繊細さを表現するために使われる加工技術です。ミル打ちの加工方法でも柔らかいイメージの仕上がりになるのが特徴となります。

機械で打ち込んでいく

指輪の製法や素材によって、専用の機械を使用しミル打ちをする方法もあります。他の加工方法と比べると、ミル打ちの形・大きさ・幅なども均等で美しい印象となります。手で打ち込む方法とは異なり機械的な均一感が出るため、少し無機質に感じる方もいるかもしれません。「アンティークの雰囲気は欲しいけれど、あまり手作り感がある指輪は嫌」という人におすすめの手法です。

ミル打ちの結婚指輪はどう選ぶ?

小さな粒が多く並んでいるミルうちの指輪は非常に美しいものですが、どれも同じように見えてしまう方も多いのではないでしょうか。より美しいミル打ちがされているデザインの結婚指輪を選ぶポイントを紹介します。

ミル打ちは、粒同士の幅や高さが均等であり、一粒ずつしっかりとメリハリのあるものが美しいとされています。ミル打ちが均等に施されているとそれ自体が美しく輝くため、宝石を施さないシンプルな結婚指輪でも寂しい印象となりません。

反対に幅・高さが左右とずれていたり、ミル打ちの深さが均等でなかったりすれば輝きが少なく、完成度が下がって見えてしまいます。ミル打ちの質やデザインの取り入れ方によって、せっかくの結婚指輪が安っぽいアクセサリーのように見えてしまうこともあるため、ミル打ちの一粒ずつが丁寧に施されているデザインを注意して選ぶようにしましょう。

また、指輪表面の加工が丁寧でない場合には、隣り合う指に痛みを伴う場合もあります。実際に試着をして、出っ張りなどがないか確認し自分の手にあった指輪を選ぶのもポイントです。ミル打ちのデザインによっては汚れなどが溜まってしまう指輪もありますから、メンテナンス方法なども事前に確認しておくと良いでしょう。

まとめ

今回は人気の高い結婚指輪のデザインの一つ「ミル打ち」について紹介しました。ミルうちを施した指輪はアンティーク感があり、宝石を施さなくてもおしゃれに見えるため、男性にもおすすめの加工方法です。またミル打ちには縁起の良い意味合いもあるため、特別な結婚指輪になるデザインの一つです。ミル打ちのデザインと合わせて別の加工技術も取り入れると、さらにおしゃれなアンティーク調に仕上がるでしょう。粒同士の幅や高さが均等であるか、一粒ずつメリハリがありしっかりとミル打ちがされているか、自分の指にフィットするか実際に試着してじっくりと選んでみましょう。

姫路でおすすめの結婚指輪ショップ

商品画像1
2
3
4
5
商品名リブアロングダイヤモンドシライシ 姫路店アイプリモ 姫路店4℃ブライダル 姫路エクセルコ
特徴姫路で創業80年の夫婦が営む老舗店で独自のサービスが豊富初めての人でも入りやすい店内ジュエリーコーディネーターがしっかりサポートミリ単位までこだわる技術力の高い職人が制作世界No.1のダイヤモンドブランド
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧